女性はなぜ化粧をするのかとその重要性を考える

メニュー

肌への効果

女性

それぞれの特性を理解しよう

基礎化粧品はメイクや肌についた汚れをきれいにするために不可欠です。化粧品は顔を洗うだけでなく、美容液や化粧水などはお肌の潤いを与える役割もあります。まずは皮脂汚れやメイクの油分を落とすクレンジングです。メイクは落ちないように肌にくっつくことを考えられています。そのため水分をはじく油分がたくさん使われています。クレンジングは余計な油分を落とすことをメインに考えています。洗顔料は油分ではなく汗・埃・古い角質などの汚れを落とす目的があります。汚れを落とすと肌の皮脂が少なくなり、外部の刺激に敏感になります。放っておくと水分が失われてしまい乾燥肌になることもあります。そのため洗顔後に化粧水を使って保湿成分を補います。肌に美容成分を補う美容液もあります。保湿や美白など補充したいものがあればぜひ取り入れてみましょう。加齢によってたるみやシワができてくる30歳代以降に使いたい化粧品です。他にも肌の表面を保護する乳液やクリームもあります。しっとりしたりべたっとするので美容液の後につけるのが一般的です。保湿の水分や油分が蒸発を防止することで乾燥対策になります。寒い冬は湿気が少なく特に乾燥しやすいです。冬場に追加するだけでも乾燥から守ってくれます。洗顔後の保湿は入浴後がベストなタイミングとなります。肌への血行が促進されるのでより浸透しやすいです。乳液・クリームはある程度化粧水がなじんでからが良いでしょう。化粧品は美白やアンチエイジングなど肌の悩みに合わせた製品が用意されています。ぜひ肌に合うものを見つけてください。

Copyright© 2019 女性はなぜ化粧をするのかとその重要性を考える All Rights Reserved.